【2017年9月】

暴力から逃れるために、ミャンマーのラカイン州からバングラデシュに逃れてきたロヒンギャ難民は40万人以上。その6割を占める子どもたちが今、命の危機にさらされています。

バングラデシュに到着するまでに、何日間も歩き続け、海を渡ってきたロヒンギャ難民たちは、疲弊し、病気や飢えに苦しんでいます。

過密状態にある難民キャンプなどに身を寄せていますが、多くの子どもたちは十分な衣類もなく、風雨にさらされています。また衛生状態の悪い中で、感染症のリスクも増大しています。特に幼い子どもたちにとって、感染症は命を落とす要因になります。

ロヒンギャ難民の人々は、食料や水など、命を守る支援を切実に必要としています。

さらに、悲惨な暴力を経験した子どもたちは、心に大きな傷を負っていることも多く、心のケアが緊急に必要とされています。

緊急.jpg

 

危機下にあるロヒンギャ難民の子どもたちと家族に、人道支援活動を届けるユニセフの活動を支えるため、みなさまのあたたかいご協力をお願いいたします

ロヒンギャ難民 緊急募金

郵便局(ゆうちょ銀行)募金口座
振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会

*通信欄に「ロヒンギャ」と明記願います。 *窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除されます。

《食べるたいせつフェスティバル2017》
9月30日(土)10:00~15:00

コープさっぽろが主催する食のイベントに

ユニセフコーナーがお目見えします。

①釧路会場

釧路市国際観光交流センター

( 釧路市幸町3-3)

コープが取り組んでいる

ブータン指定募金の視察報告ポスターの掲示や、

缶バッチ募金・リサイクルバザーを行う予定です。

また、手洗いダンスを踊っちゃいます!

②旭川会場

旭川大雪アリーナ

(旭川市神楽4条7丁目)

こちらはブータン絵合わせパズルと、

ブータン視察報告ポスターを掲示します。

もちろん、手洗いダンスも!!

札幌ダンス.jpg

週末は、是非会場にお越しください。

地域の美味しい食べ物や、

知ってお得な食に関するブースがいっぱいです。

また、10月8日は帯広会場に伺います。

(音更町字西音更西2-9-1)

お待ちください!!

8月26日(土)札幌市東区にある"つどーむ"を会場とした

コープさっぽろのイベント

IMG_2675.jpg

 

"食べるたいせつフェスティバル"に

コーナー出店させていただきました。

 

 

IMG_2690.jpg

缶バッチの製作費はコープさっぽろが取り組む

"水と衛生プロジェクト"の募金となります。

DSCN6747.jpg

そして絵合わせパズル、

札幌とブータンのお友だちはどこが同じかな~?

DSCN6754.jpg

ブータンの衣装を着て、手洗いダンスも踊りました。 

トイレの後や食事の前には、手を洗ってね」

9月~10月上旬まで全道回りますので、よろしくお願いいたします。

第70回くしろ港まつり

8月4~6日(金~日)釧路市観光国際交流センターで

第70回くしろ港まつりが行なわれました。

①港まつり.jpg

 

5日の「釧路みなとコンサート」には北海道ユニセフ協会道東支部が参加し 、募金活動・リサイクルバザーを行いました。 釧路2.jpg

ご来場頂いた皆様からは、多くの募金をいただきました。 

あたたかい真心をありがとうございました。

岩見沢でユニセフ学習会

8月23日(水)

コープさっぽろ岩見沢東店で、

コープの組合員さん南空知エリアのユニセフ学習会が行われました。

DSCN6733.jpg

DSCN6738.jpg

DSCN6739.jpg

小原学習講師がユニセフの活動についてお話しています。

「水瓶は15キロにもなります。これを毎日運ぶ子どもたちがいることや、地雷が埋まっていることを知らずに遊んで手足を失う子どもたちもいます。」小原講師は現状を訴えます。

DSCN6734.jpg

 組合員さんをはじめコープさっぽろの皆さんには、大きな支援をいただいています。

これからもよろしくお願いいたします。