menu

トピックス

帯広と岩見沢で学習を開催しました

2019年12月5日 トピックス

コープさっぽろの組合員さんを対象に

10月24日(木)帯広東エリア委員会,25日(金)南空知エリア委員会のリーダー会の中で

「ユニセフについて」、「インドネシアパプア地域識字率向上プロジェクトについて」の学習会を開催しました。

帯広会場:講師の小原

皆さまからいただいた募金のながれやSDGsの取り組みについて学びました。

各自ができることからはじめましょうね。

字が読めないと薬なのか毒なのかわかりません。3種類の水から1つだけ選んで飲んでみました。

帯広会場:皆さんが飲んだのは、薬ですか?

岩見沢会場:みんなドキドキで飲みます。

岩見沢会場で、使わない外国コインをいただきました。ありがとうございました。

贈呈式のようす

世界のこどもたちの中には、水がめを持って何キロの道のりを歩く事、その仕事で学校にいくことができない子どもたちもいることを知ってもらいました。

岩見沢会場:水がめを持ってみました

2019年から新たな募金先に取り組んでいるパプア地域では、10人中5人が読み書きができないそうです。

コープさっぽろでは、10月21日から12月20日までユニセフ指定募金インドネシア・パプア地域「よむ・かく・うれしい!支援プロジェクト」に取り組んでいます。

この募金は子どもたちの識字率向上と地域の教育啓発を推進するプロジェクトです。

みんなで、取り組んでいきましょうね。

岩見沢の活動の皆さん

二ヶ所の会場の皆さんから、「ユニセフの活動をがんばります。」「理解ができました。」などの嬉しい感想をいただきました。

どちらでも伺いますので、是非学習会を計画してくださいね。

北海道ユニセフ協会

北海道札幌市西区発寒11条5丁目10-1 コープさっぽろ本部2F

【活動時間】月曜、火曜、木曜、金曜の10:00~16:00(祝日は休み)

緊急募金

ロヒンギャ難民緊急募金