menu

北海道ユニセフ協会について

北海道ユニセフ協会は、公益財団法人日本ユニセフ協会と協力協定を結ぶ道内唯一の団体として、ユニセフの広報・募金・学習支援などを行っています。

◆ 北海道ユニセフ協会の紹介

昭和52年、ベトナム戦争直後のベトナムは異常な水害に見舞われました。ベトナム生活協同組合連合会は、世界の生協に救援を呼びかけました。日本生協連合会は、ただちに日本の多くの生協に呼びかけ、コープさっぽろもいちはやく取り組みをはじめました。それを機に、世界の子どもたちを支援するユニセフを応援する活動が生協組合員の手によって始まったのです。

昭和56年、ユニセフ募金北海道事務局が開設され、生協関係のみならず全道の各地から募金が届くようになり、(財)日本ユニセフ協会北海道支部設立へと動き出しました。

平成6年2月、多くの市民の願いをもとに北海道支部は設立されました。会長は北川日出治(北海道新聞社元社長)がつとめ、そのほか北海道で活躍される各界の代表の方々に理事・監事・評議員などをお引き受けいただき、北海道支部をご支援いただいておりました。

2011年4月1日より「財団法人日本ユニセフ協会北海道支部」は、「公益財団法人日本ユニセフ協会協定地域組織 北海道ユニセフ協会」へと生まれ変わりました。
これはご承知の通り、国の構造改革の一環として財団法人等の適正化が取り上げられた結果、2008年12月1日に新法が施行され、従来の財団法人は5年以内に一般財団法人又は公益財団法人への移行が必要となったわけです。そして2009年2月、日本ユニセフ協会第286回理事会は、新法のもとで「公益財団法人」化を目指すことを決定し、作業が進められてまいりました。その際問題になりましたのは、新法に基づき従来の支部形態を維持すると、各支部では理事会・評議員会等各支部での独自の運営形態がとれなくなるということでした。したがいまして、全国の支部は基本的に協会から独立した「任意団体」の形態に移行し、従来通りの運営を維持することといたしました。私ども北海道支部も2010年4月に開催されました理事会・評議員会においてその移行方針を確定し、この一年間準備を進めて参りました。

2011年4月1日より新たに「公益財団法人日本ユニセフ協会」が発足し、これに伴い、同時に私どもも「北海道ユニセフ協会」として発足したものであります。新組織には従来の支部の理事・評議員もそのまま移行しており、名称は変わりましたが、実質的には従来の支部と何ら変化はありません。ただ、独立組織となったため、従来協会会員は支部会員でもあったわけですが、今後は「北海道ユニセフ協会」の会員ではなくなります。新たにお入りいただく必要があり、これは別ページに規約を掲載しておりますので、新たに「会友」としてご登録いただけますよう切にお願い申し上げる次第です。また、協会との関係で従来と全く変化はないことを表すため、表記上「公益財団法人日本ユニセフ協会協定地域組織」という冠を「北海道ユニセフ協会」の前につけて呼称としていきたいと存じます。

北海道ユニセフ協会ではボランティアの方々の協力を得て、道内各地でユニセフコーナーの設置、パネル展、学習会、講演会、ハンド・イン・ハンド募金、ユニセフカードの紹介などさまざまなユニセフ支援活動を行っています。

北海道ユニセフ協会の活動についての詳細はこのホームページをごらんいただき、ご質問・ご要望などございましたら事務局へお問い合わせください。またボランティア活動に関心のある方、ユニセフに協力してみたい方もぜひご連絡ください。

 

◆ 組織図

組織図

 

◆ 北海道ユニセフ協会規約

 

公益財団法人日本ユニセフ協会協定地域組織

北海道ユニセフ協会規約

  前 文

北海道ユニセフ協会は、(財)日本ユニセフ協会が公益財団法人日本ユニセフ協会になったことを受けて、(財)日本ユニセフ協会北海道支部を継承する形で設立されるものである。

第1章 総 則

(名 称)

第1条 本会は、北海道ユニセフ協会と称する。

(事務所)

第2条 本会は、主たる事務所を北海道札幌市西区発寒11-5-10-1に置く。

2 本会は、理事会の議決を経て、必要な地に従たる事務所を置くことができる。

(目 的)

第3条 本会は、公益財団法人日本ユニセフ協会(「日本ユニセフ協会」)との協力協定に基づき、

北海道において、日本ユニセフ協会の定款目的を実現することを目的とする。

(活 動)

第4条 本会は、前条の目的を達成するために、次の活動を行う。

(1) ユニセフのための広報・啓発活動

(2) ユニセフへの協力(募金)活動

(3) その他日本ユニセフ協会の定款目的を実現するために必要な諸活動

第2章 運 営

(会の構成)

第5条 本会は、第6条の役員、第13条の評議員及び第15条の顧問・相談役、第21条の会友を以て構成される。

(役 員)

第6条 本会に次の役員を置く。任期は2年とし、再任を妨げない。補欠または増員により選出された役員の任期は、前任者または現任者の残任期間とする。

(1) 理事 20名以内

(2) 監事 2名以内

(選 任)

第7条 理事及び監事は、評議員会において選任し、理事の中から互選で次の役職者を選任する。

(1) 会長理事  1名

(2) 副会長理事 2名以内

(3) 専務理事  1名

(4) 常務理事  若干名

(職 務)

第8条 会長理事は本会を代表し会務を総理する。

2 副会長理事は会長理事を補佐し、会長理事に事故あるときにはその職務を代行する。

3 専務理事は会長理事の意を受けて本会の業務を掌握し

会長理事及び副会長理事に事故あるときにはその職務を代行する。

4 常務理事は理事会の議決に基づき必要に応じ本会の業務を処理する。

5 理事は理事会を構成し、本会の業務を議決し、執行する。

6 監事は本会の会計及び業務執行状況を監査する。

第3章 理事会

(権 能)

第9条 会長理事は毎年2回以上理事会を開催し、この規約に定めるもののほか、以下の事項について決議し、理事会の議長として理事会を運営する。

(1) 本会の事業計画と予算案

(2) 本会の事業報告と決算

(3) その他本会の業務に関する重要事項

(定足数)

第10条 理事会は、理事現在数の3分の2以上の出席がなければ開会することができない。

(議 決)

第11条 理事会の議決は、出席した理事の過半数をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。

(委 任)

第12条 やむを得ない理由により理事会に出席できない理事は、予め通知された事項について書面をもって表決し、又は他の理事を代理人として表決を委任することができる。

第4章 評議員会及び顧問・相談役

(評議員)

第13条 本会は評議員30名以上50名以内を置く。

2 評議員は理事会で選出し、会長理事がこれを委嘱する。

3 評議員の任期は2年とし、再任を妨げない。補欠または増員により選出された評議員の任期は、前任者または現任者の残任期間とする。

(評議員会)

第14条 評議員会は毎年1回以上開催する。

2 評議員会は、会長理事の諮問に応じ、必要な事項について審議し助言する。

3 評議員会には第10条、第11条、第12条の規定を準用する。

4 評議員会の議長は評議員会において互選する。

(顧問・相談役)

第15条 本会に顧問及び相談役を置くことができる。顧問・相談役は理事会が推薦し、会長理事が委嘱する。

第5章 財産及び会計

(財産の管理)

第16条 本会の財産は会長理事が管理し、その方法は理事会の議決を経て会長理事が別に定める。

(会計年度)

第17条 本会の会計年度は、移行年を除き、毎年1月1日から12月31日までとする。

(事務局)

第18条 本会の事務を処理するために事務局を設け、理事会の議決を経て事務局長及び所要の事務局員を置くほか、積極的にボランティアの参加を得るものとする。

第6章 規約の変更及び解散

(規約の変更)

第19条 この規約は、理事会及び評議員会において、それぞれ理事現在数及び評議員現在数の4分の3以上の議決を経なければ変更することができない。

(解 散)

第20条 本会は、理事会及び評議員会において、それぞれ理事現在数及び評議員現在数の4分の3以上の議決を経て解散することができ、残余財産については日本ユニセフ協会に寄付するものとする。

第7章 会 友

(会 友)

第21条 本会の趣旨に賛同し、後援する個人または団体を会友にすることができる。

2 会友は、本会の運営に関し何らの権利及び義務を有しない。

3 会友に関する必要な事項は、理事会の議決を経て、会長理事が別に定める。

第8章 補 則

(設立年の通算表記)

第22条 北海道ユニセフ協会は、(財)日本ユニセフ協会北海道支部を継承するものであり、北海道ユニセフ協会の通算年の起点を(財)日本ユニセフ協会北海道支部設立の1994年2月1日とする。

(補 則)

第23条 この規約に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、理事会の議決を経て、会長理事が別に定める。

(施 行)

第24条 この規約は2011 年4月1日より施行する。

   

2022年 役員・評議員名簿  

 

2021年 活動報告

1.北海道ユニセフ協会の運営を向上させます。

1)拡大常務会は月次開催し活動の報告と審議を行いました。2月に第1回理事会・評議員会を行い、2020年報告と2021年事業計画を審議されました。しかしながら、新型コロナウィルスの感染拡大により、例年開催しておりました支部連絡会は休会いしました。10月には第二回理事会を行い、2021年上期報告と2022年事業報告が審議されました。いずれも、オンラインによる出席も導入しての開催となりました。

2)ボランティア体制の充実を図るため、3月にボランティア説明会を行いました。  例年、会場としている札幌市生涯学習センターちえりあが改修工事により使用不可だったため、今回は手稲区民センターにて行いました。募集要項が北海道新聞に掲載された効果もあり、例年よりも多い参加者と登録者を得ることができました。また、今期に行った各イベント会場においてもボランティア募集を行いました。

3)新型コロナウィルス感染拡大のため、他団体主催・共済のイベントは今年も大幅に減少しましたが、いくつか参加可能となったイベントで交流を深めるとともにネットワークの充実を図りました。特に2020年に正会員に登録いたしました北海道NGOネットワークでは今後他団体との一層の広がりを期待いたしております。

4)新型コロナウィルスによるまん延防止等重点措置および緊急事態宣言の発令により、暫し、ボランティア体制も縮小せざるを得なくなりましたが、従来のもランティア通信に加え、オンラインも活用したミーティングを充実させました。また、日本ユニセフ協会が主催する会議・研修会に参加し、情報交換と学習を進めました。同時に内部学習も充実させ、パワーポイントを使用した、SDGsにも触れた基本のユニセフ教室の進め方を学びました。

2.ユニセフ活動への理解と協力を広める活動を強めます。

1)広報誌は5月に3,000部発行し、役員、会友、後援依頼先、協力団体・個人などに配布しました。ホームページでは、様々な活動を事前にお知らせし、毎週新しい情報の発信をするよう努めました。北海道庁・札幌市・帯広市・北海道内179市町村教育委員会及び11の報道関係各位に北海道ユニセフ協会への後援をいただきました。

2)新型コロナウィルス感染拡大により、今年も講師派遣、募金贈呈式は減少しましたが、制約されたなかでも学校の諸先生方のご協力により行ったオンラインを活用してのユニセフ学習は広範囲である北海道において、新たな可能性を見出さす機会となりました。7月にはオンライン、ハイブリッド方式による日本ユニセフ協会学校キャラバンが札幌、千歳、釧路で行われ、各会場の体験活動には北海道ユニセフ協会の学習講師が協力いたしました。

3)パネル展は例年通り開催できない会場もありましたが、小樽での開催の場を広げ、新しい拠点を作ることができました。

3.ユニセフ募金についての活動を前進させます。

1)一般募金はイベントでの呼びかけを中心に行いました。学校募金は、講師派遣・視聴覚教材の貸出等の機会に募金の案内をしました。団体・企業の取り組みは、北海道庁、札幌市及びコープさっぽろインドネシアパプア地区「よむ・かく・うれしい」指定募金に取り組みました。緊急募金は日本ユニセフ協会の呼びかけに対応しました。「ユニセフ外国コイン募金」を広くお知らせし、募金協力に取り組みました。11月企画の新千歳空港国際線の外国コイン募金は、国際線の運休の為中止いたしました。

2)今年もハンド・イン・ハンド募金、街頭募金は中止せざるを得ませんでしたが「フレンドネーション」によるオンライン募金の取り組みに合わせ、評議員、会友、ボランティアの皆さまに広く呼びかけを行いました。また、SNSでの発信にも取り組みました。

3)支援ギフトは北海道ユニセフ協会事務所にて支援ギフトを常設展示し、イベントにおいても紹介に取り組みました。

4)ボランティアグループ「チャイルドサポートはまなす」により使用済み切手・書き損じはがきの換金作業・イベントでの募金の呼びかけに取り組みました。2月と8月にはコープさっぽろ「書き損じはがきキャンペーン」仕分け換金作業を行いました。

5)カレンダーバザーは例年のように提供の呼びかけを行うことは控え、アスティ会場での取り組みは出来ませんでしたが、少量でご提供されたものでコープさっぽろの数か所の店舗のみで行いました。

2022年 活動計画

1.北海道ユニセフ協会の運営を向上させます。

1)機関運営は従来通り拡大常務会月例開催し活動の報告と審議を行います。理事会は年2回(2月、10月)、評議委員会は年1回(2月)に行い、報告や計画、役員の選任について審議します。

2)ボランティア体制の充実に努めます。ボランティアの募集を目的に、説明会を各地で開催し、各イベント会場にてボランティア募集も行います。

3)他団体主催・共催のイベントを通じて交流を深めるとともにネットワークの充実を図ります。また、名義後援を行います。

4)事務局とボランティアの協力のもと、内部学習会を積極的に行います。日本ユニセフ協会が主催する会議・研修会・スタディツアーに参加し、情報交 換と学習を進めます。

2.ユニセフ活動への理解と協力を広める活動を強めます。

1)広報誌は3月に3,450部発行し、役員、会友、後援依頼先、協力団体・コープさっぽろ総代及び個人のみんな様にお届けします。さらに、会友、評議員に向けての情報発信をします。ホームページでは、様々な活動を事前にお知らせし、毎週新しい情報の発信をするよう努めます。北海道庁・札幌市・帯広市・北海道内179市町村教育委員会及び11の報道関係に北海道ユニセフ協会への後援をお願いします。

2)学校関係との連携強化を目指し、講師派遣・オンライン学習会を行います。ユニセフ視聴覚教材、蚊帳などの学習ツールの貸し出しを行います。道内の学校にユニセフの理解を広めます。

3)北海道内各地の公共施設及び会場でパネル展を開催し、広く道民の理解と協力を呼びかけます。

4)北海道ユニセフ協会主催の講演会・フォーラムの開催を検討します。

5)北海道ユニセフ協会会友及び日本ユニセフ協会賛助会員の拡大を目指し、道内に広く呼びかます。協同組合ネットを通じての働きかけに取り組みます。

6)子どもの権利を守るため日本ユニセフ協会が提唱するアドボカシー活動の広報に努めます。「子どもの権利条約」のさらなる普及を進め、子どもの課題に焦点をあてた持続可能な開発目標(SDGs)の推進を働きかけます。

3.ユニセフ募金についての活動を前進させます。

1)一般募金の拡大を目指し、イベントでの呼びかけを中心に行います。また、学校関係の働きかけの他、団体(企業)の協力支援を呼びかけます。団体・企業の取り組みは、北海道庁・札幌市役所への呼びかけ、また、コープさっぽろの「指定募金」に共に取り組みます。緊急募金は日本ユニセフ協会の呼びかけに対応します。第28回ユニセフ・札幌ラブウォークを行います。「ユニセフ外国コイン募金」を広くお知らせし、募金協力に取り組みます。非対面型(フレンドネーション等)募金活動に対応します。

2)ハンド・イン・ハンド活動を進め、各支部にも実施要請していきます。その他企業、学校関係へも事前に働きかけます。

3)北海道ユニセフ協会事務所にて支援ギフトを常設展示のほか、イベントでの支援ギフトの紹介に取り組みます。

4)使用済み切手・書き損じはがきの換金作業・イベントでの募金の呼びかけに取り組みます。委託業務である、コープさっぽろ「書き損じはがきキャンペーン」仕分け換金作業を行います。

5)カレンダー募金はホームページによるカレンダー提供の呼びかけを行い、カレンダーバザーに取り組みます。

【道央支部の活動予定】

 
・ボランティア説明会・パネル展(ちえりあ)・広報誌発行・パネル展(小樽)


・北海道庁パネル展・ユニセフ札幌ラブウォーク・パネル展(札幌近郊)

 秋
・札幌市役所パネル展・ハンドインハンド・コープさっぽろイベント


・ユニセフ広場(新千歳空港・アスティ45)外国コイン回収・国際協力フェスタ・カレンダーバザー

【 道東支部の活動予定】

・1月  カレンダーバザー

・5月  道東支部総会・会員研修会

・7月  ユニセフ講師派遣

・8月  くしろ港まつり「みなとコンサート」

・9月  食べる・たいせつフェスティバル in 釧路

・11月  くしろせんもん学校学校祭

・11月  生涯学習フェスティバルまなトピア2022

【道東支部中標津友の会の活動予定】

 ・7月 北方領土返還運動寄席での募金活動、バザー、チラシ配布

【道北支部の活動予定】

・1月   カレンダーバザー

・8~9月 募金箱回収

・9月   ユニセフパネル展

・12月  ハンド・イン・ハンド

 

【道南支部の活動予定】

・未定  カレンダーバザー

・未定  だらせんプロジェクト

・9月  映画上映会

北海道ユニセフ協会

北海道札幌市西区発寒11条5丁目10-1 コープさっぽろ本部2F

【活動時間】月曜、火曜、木曜、金曜の10:00~16:00(祝日は休み)

ウクライナ緊急募金にご協力ください。