menu

お知らせ

ウクライナ危機 家族と離れ避難する子どもの保護を ユニセフ・UNHCR共同声明

2022年3月10日 お知らせ

2022年3月7日ニューヨーク/ジュネーブ

ウクライナ危機によって国外へ避難する子どもたちに関して、ユニセフ(国連児童基金)事務局長キャサリン・ラッセルは、国連難民高等弁務官のフィリッポ・グランディ氏とともに、以下の共同声明を発表しました。

* * *

家族と離れ離れになった子も

イサクチャ(Isaccea)の国境を渡り、家族11人でルーマニアに避難するウクライナ難民。(ルーマニア、2022年3月1日撮影)

© UNICEF/UN0599555/Moldovan
イサクチャ(Isaccea)の国境を渡り、家族11人でルーマニアに避難するウクライナ難民。(ルーマニア、2022年3月1日撮影)

この1週間で、100万人以上の難民が、安全と保護を求めてウクライナから避難することを余儀なくされました。そのうち、子どもたちの数は何十万人にものぼります。避難している子どもの中には、おとなの同伴者がいない、あるいは親や家族と離れ離れになった子どももたくさんいます。

親による保護のない子どもたちは、より一層、暴力、虐待、搾取の危険にさらされます。こうした子どもたちが国境を越えて移動する場合、リスクは倍増します。また、緊急事態下では人身売買のリスクも急上昇します。

ユニセフとUNHCR(国連難民高等弁務官事務所)は、すべての近隣諸国および影響を受けている国に対し、ウクライナから逃れてきた同伴者のいない子どもや、家族と離れ離れになった子どもたちの自国領内への入国を認め、その後直ちに彼らの身元確認と登録を行うことを求めています。

関係国は、国境を越えた子どもとその家族に対し、ただちに安全な空間を提供し、彼らを自国の子ども保護システムへ組み込むべきです。また、現在の緊急事態においては、緊急ケアと審査を受けたケアスタッフの手配、ジェンダーに基づく暴力からの保護を含む、子どもの保護のために不可欠なサービス、そして子どもの家族を捜し出し再会させるためのメカニズムを、急速に拡大することが求められています

詳しくはこちらから

北海道ユニセフ協会

北海道札幌市西区発寒11条5丁目10-1 コープさっぽろ本部2F

【活動時間】月曜、火曜、木曜、金曜の10:00~16:00(祝日は休み)

ウクライナ緊急募金にご協力ください。