menu

お知らせ

新型コロナウイルス 子どもへの暴力、防止や対応の中断 南アジアなど104カ国で

2020年8月21日 お知らせ

【2020年8月18日  ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)による世界規模の調査によると、

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの間、

暴力の防止と対応における取り組みは大幅に中断されており、

子どもたちへの暴力、搾取、虐待のリスクが増しています。

子どもへの暴力、防止や対応の中断

ユニセフの「COVID-19対応における社会経済的影響の調査」に回答した136カ国のうち、

104カ国が子どもへの暴力に関連したサービスの中断を報告しました。

約3分の2の国が、少なくとも1つのサービスにおいて深刻な影響を受けたと報告しており、

その中には南アフリカ、マレーシア、ナイジェリア、パキスタンが含まれています.

詳しくはこちらをご覧ください

© UNICEF/UNI359085/Zmey

北海道ユニセフ協会

北海道札幌市西区発寒11条5丁目10-1 コープさっぽろ本部2F

【活動時間】月曜、火曜、木曜、金曜の10:00~16:00(祝日は休み)

新型コロナウイルス緊急募金