【2012年9月】

コープさっぽろ岩見沢東店でユニセフチャリティー広場を行います。

DSCF2281.jpg

〝ブータンキャンペーン〟として組合員さんが予定する報告会&リサイクルバザーとのコラボ企画です。(写真は9月27日小樽南店)

ユニセフコーナーは、以下の通りです

 日 時・・・10月10日(水)10:~15:00

 会 場・・・岩見沢市5条東12丁目8

 内 容・・・ユニセフカードとギフトの頒布

        募金活動

売り上げの約半分がユニセフの活動資金となる取り組みです。

お買い物がてら、お気軽にお立ち寄りください。(^O^)/

最終日の5日は岩手県ユニセフ協会の藤原事務局長の報告でした。

DSC04492.jpg

昨年12月の「ユニセフハンド・イン・ハンド募金」では、「東日本大震災支援・子どもたちに笑顔を送ろう」と116万円を超える募金を頂いたそうです。

Scan0024.jpg

 

また、参加費が東日本大震災支援募金になった「第1回ユニセフ・ラブウォーク in いわて」

や「平和コンサート」の報告もありました。

DSC04516.jpg

最後に藤原さんかた届いたお礼のメールを紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「地震のことをきずかってくださり、本当にうれしかったです」
>> 「身近に父子家庭の方がいて、立派に育て上げた方のお話はいいろいろ考えさせられました。母子家庭に比べ支援が行き届いていない現状ですが、震災で突然父子家庭になった方々のユニセフ支援は重点的に進めていかなければならないと痛感しました」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ユニセフ支援のパネルを熱心にみる方も多く、3日間で150人以上の方に聞いていただきました。

また、募金の総計は2万1858円となりました。

ご支援ご協力ありがとうございました。

報告会二日目の4日は、宮城県ユニセフ協会の五十嵐事務局長に午前午後の2回報告して頂きました。

DSC04461.jpg

 

日本ユニセフ協会は地震及び津波により被災した岩手、宮城、福島各県の自治体からの要請を受け、保育園・幼稚園の仮設・恒久園舎の建設や大規模な修繕のための支援を行っていますが、宮城では、9つの保育園・幼稚園を予定しています。

(詳しくは日本ユニセフ協会のHPをご覧ください。)

Scan0031.jpg

報告会の後、質問を受ける五十嵐さん

DSC04444.jpg

 

DSC04558.jpg

後日五十嵐さんからお礼のメールが届きましたので、ご紹介します。

「県外へ出向いての報告会は初めてでした。

ご支援のお礼と、現状報告の機会を与えていただき、感謝いたしております。
被災3県からの報告は重複するところもあれば、支援活動もそれぞれに特徴があります。被災地から離れると、震災津波のことは忘れさられがちですが、会場においでくださった方々は、まるで自分の地域で起きたことのように案じてくださっていることに、感動しました。北海道のみなさまのあたたかいご支援が続いていることを、翌日(9月6日)に行われました、被災地気仙沼の葦の芽学園「子育て支援センター」上棟式の場でみなさまにお伝えいたしました。被災地の方々はそのことを聞き、一層励まされた思いでした。
 宮城県の復興は着実に前進しています。いつの日かみごとな復興を遂げることと思います。どうぞ見守っていてください。そして、機会があればぜひ被災地を訪れてみてください。」

9月28日(金)東日本大震災への累計募金金額は

230万8737円(送料手数料込)です。

9月では2万1858円です。

DSC04533.jpg

みなさまのあたたかい気持ちが一日でも早い復興につながり、そして子どもたちに笑顔があふれますように☆ 

                  ******

今後も引き続き、募金額をホームページで皆様にお知らせします。

9月3日の午後は北海道ユニセフ協会重原相談役のお話で、ユニセフ活動全体についてでした。

DSC04405.jpg

報告会の会場は札幌市西区にあるトライアングル広場、商業施設の内にあるのでお買い物にいらした方達がたくさん立ち寄って下さいました。

yo-kado-.jpg

また、報告会の様子は4日の北海道新聞に紹介されました。

翌日以降新聞を見て来て下さった方もいたようで、ご参加ありがとうございました。