【2013年11月】

旭川・ハンドインハンド

11月30日旭川買物公園通りで募金活動がありました。

道北支部のコメントをご紹介します。

 

「とても寒い日でしたが、旭川市立明星中学校生徒の皆さんと当協会道北支部とで10名程のグループに分かれ、手作りのプラカードを持って道行く人にお声かけをしました。

先生や職員のみなさんも一緒に、路上で大きな声で募金活動を行いました。

募金額は19万5281円、お寄せ頂いた募金は全額日本ユニセフ協会に募金として送金します。

ご支援下さった皆様、ありがとうございました。」

旭川のみなさん、まごころをありがとうございます。

支部のみなさんお疲れさまでした。

 

main_visual[1].jpg

長年フィリピンで支援活動を続けているユニセフは、災害発生直後から緊急支援活動を開始しました。備蓄していた水と衛生キット、医薬品、栄養補助食などの支援物資を現地に届け、給水施設や衛生設備の復旧に取り組むなど、保健、栄養、水と衛生、教育、子どもの保護の分野で懸命な活動を続けています。

■ ユニセフの主な緊急支援活動

  • ユニセフは、災害直後から水道設備の復旧、浄水剤や貯水容器の配布、トイレの設置にあたっています。
  • 感染症を予防するため、避難所で子どもたちにはしかとポリオの予防接種を、また免疫力を高めるビタミンA補給を行っています。ワクチンを低温に保ち保管するための"コールドチェーン"の再建も進められています。
  • 栄養不良の治療のための物資の調達を実施し、巡回チームが栄養不良児の発見、重度の急性栄養不良の子どもの治療にあたっています。また、妊産婦や授乳中の母親にサポートとカウンセリングを行いました。
  • 被災地では90%の校舎(3,232校)が被害を受けたため、仮設の学習スペース設置や子どもと教員の心理社会ケアの提供を行っています。また教育省と共に「バック・トゥ・スクール(学校に戻ろう)キャンペーン」の計画づくりを進めています。
  • 家族や保護者とはぐれてしまった子どもたちを発見・保護し、家族との再会などの支援につなげるため、携帯電話を使った「Rapid FTR(家族追跡・再会システム)」の運用を開始。加えて、女性と子どもの保護にあたる関係者(警察官、自治体の社会福祉担当者)に研修を実施しています。

 

フィリピン台風緊急募金

郵便局(ゆうちょ銀行)募金口座
振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会
*通信欄に「フィリピン台風」と明記願います。 *窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除されます。

三井住友銀行:緊急募金受付口座を開設しています。
(手数料減免。詳しくはこちらから)

11月25日、旭川にある明星中学校に北海道ユニセフ協会道北支部から大平が伺い、DVDを見ながらユニセフ活動についてお話させて頂きました。

明星中学校は、毎年旭川買物公園でハンドインハンド募金を行っているんですよ♡♡♡

寒い中、活動して下さる生徒の皆さん&支援して下さる市民の皆さん!!いつもありがとうございます。

皆さんの温かい心が旭川の街に大きく広がるといいですね

 

 第一学院高等学校様より

ユニセフボランティアとして日頃からお手伝いいただいている札幌にある第一学院の生徒の皆さんから募金をお預かりしました。

第一学院DSCN1565.jpg

あ~~~写真が下手でゴメンネ(;一_一)

学校祭でユニセフコーナーを作ってくれたり、募金の呼びかけをしてくれました。

「クリスマスカードかわい~♡」「募金にご協力下さ~い」楽しそうな声が聞こえるようです。

皆さまからお預かりした募金は、ユニセフが行なっているフィリピン台風募金となります。

ご支援ありがとうございました

パネル展は『ユニセフの歴史』をテーマに「ユニセフによる戦後日本の子どもたちへの支援」・・・・・東日本大震災後そして戦後まもない日本はユニセフの支援を受けました。

 

DSC07069.jpg

「ユニセフってなあに」・・・・・世界中でこんな活動が行なわれていることを知って下さい。

DSC07156.jpg

募金コーナーも設けました。

 

DSC07162.jpg

お寄せいただいた募金は、通常1万4846円・フィリピン台風3万3900円・

DSC07126.jpg シリア支援3,845円・ブータン支援1,483円でした。

DSC07145.jpg  

お仕事帰りの皆さんや学生さんも協力して下さいました。

DSC07186.jpg

お立ち寄り下さった大勢の皆さま、ご支援くださった関係団体の皆さま、スタッフのみなさんありがとうございました。

皆さまの温かい心が世界中の子どもたちにに届きます様に