【2008年5月】

前田北中学校の皆さんより、たくさんのご協力を頂きました。募金金額は68,859円、その他にもカード類の寄付を頂きました。ユニセフに関する活動が、21世紀の人材を担う生徒さん達の、視野を世界に広げるお手伝いとなりましたら幸いです。たくさんのご協力をありがとうございました!

20080529maedakitatyuugakkou.jpg

毎年恒例の場音楽会が行われました。近年益々芸術家達に愛されているアルテピアッツァ美唄、この会場は廃校になった学校の体育館なのです。豊かな自然に囲まれて、この音楽会の季節はとりわけ新緑が美しく、庭に目をやると世界的に有名な彫刻家 安田侃さんの作品が白く映えていて、そのコントラストが素敵です。
20080526morinoongakukai_kaijyou.jpgいつものことですが、今回も様々な催し物で盛り上がりました。その様子を紹介致しますね。
20080526morinoongakukai_song.jpg  20080526morinoongakukai_ongakutai.jpg 20080526morinoongakukai_okarina.jpg  20080526morinoongakukai_dyuetto.jpg 20080526morinoongakukai_tereyasan_ga___.jpg 照れ屋さんが...
20080526morinoongakukai_hensin!.jpg 変身☆彡

この会の開催に尽力されている美唄市立病院小児科の永田康先生もチェロで参加されておられます。
20080526morinoongakukai_tyero.jpgユニセフのグッズ販売はたくさんの方々に好評で、当日売上げ18,510円になりました。ユニセフへの募金も合計22,981円、とくに奥山ピアノ教室様からは6,000円も大口で頂きました。ありがとうございました。
20080526morinoongakukai_goods.jpg秋の音楽祭は11月に開催されます。観覧無料です。機会があれば癒しの一時を過ごしてみませんか?
20080526morinoongakukai_cafe.jpg(撮影:隣接のカフェにて)

東邦工業株式会社様より!

2007年5月22日(木) 東邦工業株式会社 代表取締役 加藤 勝彦 様から募金を頂きました。募金は1,000,000円もの金額で、「ミャンマーのサイクロン被害と、中国の四川大地震へ。」とのお心遣いでした。加藤様はご多忙とのことで代理の方々が支部までお越しいただきました。

支部での贈呈の模様です。
20080522touhoukougyou1.jpg 20080522touhoukougyou2.jpg暖かいお心遣いを、ありがとうございました。
 5月20日(火)~5月23日(金)、ユニセフ本部より会長代行:東郷 良尚(日本ユニセフ協会副会長)が来道し、道内で『ユニセフ・キャラバン・キャンペーン』を実施しました。

 この『ユニセフ・キャラバン・キャンペーン』は1979年の国際児童年に開始し、全国の学校でユニセフ教室を開くなどして、世界の子どもたちの現状やユニセフの活動に関しての理解・啓発を目的として継続しております。今回のキャラバン・キャンペーンでは、北海道内(札幌市、陸別町、本別町、音更町、帯広市)を巡回しました。北海道訪問は前回2004年に続き7回目となりました。

 北海道でのキャンペーンにおいては、高橋 はるみ知事(代理:中西 猛雄 環境生活部生活局次長)及び、吉田 洋一教育長(代理:稲積 邦彦 教育長学校教育局長)とのメッセージ交換を行い、道内でのユニセフへの支援に感謝の意を表すとともに、引き続き一層のご協力とご支援をお願いしました。



20080520kaityou_tiji_messeji_koukan.jpg 会長と知事のメッセージ交換

20080520doutyou_kisyakclub_deno_kisyakaiken.jpg 道庁記者クラブでの記者会見
 さらに、道内の教職員指導主事の方々を対象とした「ユニセフ研修会」も開催されました。この研修会では、ユニセフの活動についての説明に加え、ユニセフが推進している地球市民としての意識などを養うことを目的とした「開発のための教育」の手法を用いて、「子どもの権利条約」についての授業展開・意見交換も行われました。

20080520kyouin_sidousyuji_unicef_kensyuukai.jpg 教員・指導主事のユニセフ研修会

20080520kennsyuu_happyou.jpg 研修発表会

20080520kyouin_sidousyuji_unicef_kensyuukai_aisubureiking.jpg 同アイスブレーキング

ユニセフをより身近に感じてもらう活動として、学校での出前授業形式はやはり効果的なものです。今回も幾日か掛けて数々の学校を訪問しました。プログラムでは、ビデオ上映などによるユニセフ活動の説明の他に、マラリアによって命を奪われる子どもたちを守るための「蚊帳(かや)」や、ネパールで少女が毎日の水汲みに使っている水がめ(水を入れた時の重さは約15㎏!!)などが紹介されました。児童や先生方と一緒に体験したりもして、世界の子どもたちがおかれている現状について、より身近に感じられるような内容となっていました。

20080520kita_kujyou_syougakkou.jpg 北九条小学校にて
20080520mizugame_motiagerarezu_sennsei_tedasuke.jpg 水がめが持ち上げられず先生が手助け
20080520mizugame_rirei.jpg 水がめリレー
20080520seito_daihyou_aisatu.jpg 生徒代表挨拶
20080520seitodaihyouheno_messeji.jpg 生徒代表へのメッセージ
20080520sennsei_mo_kaya_no_nakani.jpg 先生も蚊帳(カヤ)の中に
20080520situmonn_suru_seito.jpg 質問する生徒
20080520tyuuou_tyuugakkou_kyaraban.jpg 中央中学校でのキャラバン

尚、このような出前授業は、通年を通して北海道支部から講師を派遣できますので、どしどしご要望くださいね。
 先週行われたTICADにも重なる内容が幾つもあります。私たちは、このような機会を通して、ユニセフの活動がより解りやすく正しく多くの方々に伝わることを願って止みません。
20080518chuugoku-hajimete.jpg←四川省江堰で倒壊した中学校から最初に救出された子ども(現地時間13日午前9時ごろ)

2008年5月12日、中国四川省東部を震源に発生した大地震。ユニセフは、被災地の状況の確認を急ぐとともに、現地政府などからの支援要請があり次第、支援を開始できるよう準備を進めてきました。5月14日、大地震から2日が経過し、中国政府は、ユニセフをはじめとする国連機関に対し、被災した人々への支援を求めました。5月15日、ユニセフは支援活動をスタートさせました。

【2008年5月18日 中国 北京発の報告】

地震発生から6日。ユニセフは今日も被災地向けの緊急支援物資の調達、梱包、発送作業に追われています。中国政府当局の要請に基づき、ユニセフはこれまでに43万ドル(約4億5000万円)相当の物資を調達。今後24時間以内に、テント1000張、毛布15000枚、学用品セット6万個が被災地に到着する予定です。

中国政府は(被災地の現状や調整の難しさなどから)、今、国際社会から広く救援チームなどを受け入れることは難しいが、国際社会の支援なくして中長期的な復興支援は成し得ないとしています。

「中国の人々が被災地の子どもたちを守るために必要とされることで、私たちに出来ることがあれば、何でもする用意がある」ユニセフ中国事務所代表兼在中国国連緊急支援チーム代表のイン・イン・ニュイは語ります。「一刻の猶予も許されません。医薬品、感染症を防ぐためのワクチン、浄水剤、ポリタンク、経口補水塩、外科治療用の資材など、今すぐ被災地に届けなければなりません。先週金曜日、中国政府は、私たちに次のように伝えてきました:被災地では、学校や道路、水道などのインフラが壊滅状態です。地元自治体の機能も停止してしまいました。被災地の人々、特に子どもたちに対する支援が求められています。」(イン・イン・ニュイ代表)

「まだまだ支援が足りません。」
ユニセフのスタッフ、ワン・シュグアンは、地震発生から2日後、ボランティアと協力し、食糧や飲料水などの支援物資を持って、自らの家族が住む四川省のブンセン県に入りました。

ワン・ジュグアンは、たまたま目撃した震源地からおよそ100キロ離れた場所の中学校の状況を、次のように伝えてきています。「崩壊した校舎の下からは、未だに子どもたちの遺体が収容されています。」「この子らの家族の多くは、遠く離れた農村部に暮らしています。まだ降り続く雨でぬかるんだ道の中を、子どもたちの生存を信じてこちらへ向かっているのです。」「瓦礫の中から救出された生徒は、言葉を発することもできません。ただ泣いているだけです」。

「この学校のある地域では、マグニチュード7.9を観測しました。公式な数字では、1万9,000人以上が死亡。この他、1万2,300人が、瓦礫に生き埋めになっていると見られます。1万3,400人の人々が助け出されました」。

最も被害の激しかった地域のひとつ、四川省の省都江堰に入ったワン・シュグアンは、子どもの無事を確認しました。 「庭で末娘を見つけました。ほとんど娘だと分かりませんでした。娘の顔と身体は、悲しいほど汚れていました。娘は、雨水しか飲んでいなかったようです。」(ワン・シュグアン)

今回の地震で被害に遭った子どもたちの数は、現在のところ発表されていません。しかし、その数は、最も被害が大きかった地域だけでも230万人にのぼるとみられています。

「子どもたちを始め被災した人々の多くが、テントや飲料水などの本当に基本的な支援物資が無く、極限状態に置かれています。また、物資だけでなく、そばにいてこの悲惨な状況を乗り越えるために、元気付けてくれる人も求められているのです」。(ワン・シュグアン)

ユニセフは、中国政府の救助隊とともに支援活動を進めています。これまでに、医療品、テント、飲料水、トイレ建設用機材など、43万ドル(約4億5000万円)分の支援を実施しました。保健関係資材や医薬品、飲料水関連(浄化用)資材、衛生資材なども、近日中に被災地に届けられます。

20080518chuugoku-gareki.jpg

**************

世界150以上の国と地域に300以上設置されているユニセフの現地事務所は、常に緊急支援活動を実施できるように日頃から緊急支援物資などを備蓄しています。みなさまの日頃からのご支援が、こうした活動を支えています。

**************

◇ 募金のお願い ◇

日本ユニセフ協会では、中国大地震で被災した子どもたちなどを支援するための募金を
下記の口座にて受け付けています。皆様のご協力をお願い申し上げます。


中国大地震緊急募金
郵便振替:00190-5-31000
口座名義:財団法人日本ユニセフ協会
*当協会への募金は寄付金控除の対象となります。
*通信欄に「中国大地震」と明記ください。

*尚、「自然災害」と明記されても、受け付けています。
(口座番号は変わりません)

*送金手数料は免除されます。


なお、当緊急・復興支援に必要な資金を上回るご協力をいただいた場合、現在行われている他の緊急・復興支援に活用させていただくことがありますので、ご了承願います。

自然災害へのオンライン募金