【活動の記録】

2018年1月2月

切手・ハガキ・外国コイン・カード・をお預かりしました。

ご支援に心より感謝申し上げます。 

O様 G様 N様 匿名様2件

札幌市立西野中学校様

コープさっぽろ様3件

北海道学校給食会様

年金受給者協会様

札幌大通郵便局様

音更町役場様

ガールスカウト様

㈱もちづき配管工業

日本設備工業㈱

㈱辻孔版社

チャイルドサポートはまなすの皆さんが

整理し換金、募金とさせていただきます。

今後ともよろしくお願いいたします。

12月に入り多くの学校で募金贈呈式が行われ、

北海道ユニセフ協会の学習講師が

世界の子どもたちの現状など、

お話しさせていただきました。

4日  札幌市立北栄中学校様

19日  札幌市西野小学校様

25日  札幌市立屯田小学校様

    札幌市立前田北中学校様

26日 札幌市立宮の丘中学校様

贈呈式.jpg

ご支援ありがとうございました。

1月18日(木)から21日(日)まで釧路で開催されたイベントは、

今年度より始まった日本ユニセフ協会学校事業部の取り組みで、

全国中体連会場でスポーツを通じて世界の子どもたちを応援する活動となっています。

1,20日本製紙アイスアリーナ (3).jpg

 子どもたちの命と健やかな成長を守るために活動するユニセフは、

「スポーツと遊びの力を」子どもたちを支援する様々な活動に

生かしていることを紹介しています。

チーム1.jpg

 

北海道ユニセフ協会は道東支部中心に、

開会式場、試合会場にてパネル展と視聴覚教材を展示

来場者にユニセフ活動の説明を行いました。

 

 

カレンダー提供のお礼

北海道ユニセフ協会は、

1月にボランティアグループ「チャイルドサポートはまなす」の皆さんと

初めてカレンダーバザーを開催いたしました。

カレンダー1.jpg

HPを通じ不要のカレンダーや手帳の提供をお願いしたところ、

多くの皆さまからご協力をいただきました。

戸惑うこともありましたが、無事に終了することができ、

改めて皆さまのご支援に深く感謝いたします。

カレンダー2.jpg

バザーの売り上げは、

地球上の子どもたちが健やかに育ち明るい笑顔が見られることを祈って

ユニセフ募金とさせていただきます。

また、ご支援いただいた企業・団体の皆さまには

ホームぺージを持ちましてお礼とさせていただきます。

ありがとうございました。

なお、匿名をご希望される方は

お手数でも当協会ご連絡くださいますようお願いいたします。

ANAセールス㈱
NTT都市開発㈱
SGリアルティ㈱東京事務所
旭化成ホームズ㈱
アポロメディカルホールディングス㈱
石和不動産 東北
いすゞ自動車販売㈱
市立札幌大通高校遊語部
一般社団法人 日本石材産業協会
一般社団法人 北海道医師会
伊藤忠エネクス(㈱)
伊那食品工業㈱仙台営業所
井上税務会計事務所
兎豆屋
カルビーポテト
更生保護法人札幌大化院
コーデンシTK㈱
さっけんテクノス
住宅リフォーム推進協議会
セイコーホールディングス㈱
積和不動産東北㈱
宗谷振興局
第一システム
大気社東北支店
泰平商事㈱
太平電業 釧路支店
太洋工業ジオテクノサービス㈱
大和ハウス工業佐賀支店
大和ハウス工業新潟支店
チエモク㈱新川工房
デュプロ㈱大阪営業部
とうあ建設
東京海上日動火災保険㈱東京東損害サービス部
東洋建設㈱横浜支店
巴商会 郡山営業所
巴商会千歳営業所
巴商会千葉営業所
中日本高速技術マーケティング
新潟トランシス㈱
西松建設
日本経営合理化協会
日本信号㈱
日本電信電話㈱
日本電信電話㈱
ネッツトヨタ旭川㈱
ハワイアン航空
東ソー㈱
ビザワールドワイド
富士精密㈱
フジマック
藤森工業㈱
北海道エアウォーター
北海道銀行
まどかレディースクリニック
三井化学ファイン㈱
三井不動産レジデンシャルリース㈱
三菱ケミカル旭化成エチレン㈱
メカウォーター㈱
メディカルサービス
ヤンマー 浦臼
ユネストホーム㈱
㈱IHIトレーディング
㈱NTTデータ 
㈱アズマテクノス
㈱イーウェーブ
㈱一色
㈱伊藤喜三郎建築研究所
㈱エキスパート仙台 
㈱エフエム富士
㈱小田急ハウジング
㈱クロップス
㈱札幌大成
㈱ジー・ワイ設計
㈱タカラレーベン
㈱つうけんアクティブ
㈱土屋ホームトピア
㈱トキワ
㈱西岡ホーム
㈱日新
㈱北海道クラウン
㈱メディカルサポート

㈱大気社

パロアルトネットワークス㈱

個人・匿名の皆さま

(順不同・敬称略)

洞爺中学校で出前授業

2017年12月16日(土)

洞爺中学校において、

北海道ユニセフ協会の重原講師による

出前授業が行われました。

洞爺中学校2.jpg

 

集まった募金がどのように利用されているのか、

実際の現地の様子の話を聴き「命」について考える

大切な機会になったことと思います。

今後ともご支援をよろしくお願いいたします。

カテゴリ一覧

バックナンバー

【2018年】
【2017年】
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】
【2006年】