【北海道ユニセフ協会からのお知らせ~活動予定と情報提供~】

ネパール大地震緊急募金

全国の皆さまからご支援いただきましたネパール大地震緊急募金は、

10月31日をもちまして受付を終了いたしました。

多くのご支援をありがとうございました。

皆さまのご支援でできたこと

ユニセフは地震直後、国内の倉庫に備蓄されていた緊急支援物資の提供を実施。ネパール国外からの支援物資が届くまで、被災したみなさんの命をつなぐための支援を行うことが出来ました。ユニセフは被災した子どもや家族が安心して過ごせるよう、保健、栄養、水と衛生、教育、子どもの保護、社会保護などの分野で率先して活動を展開しました。以下に、一部の活動を抜粋してご紹介します。(2016年4月25日更新)


水と衛生
  • 十分な量の安全な水を得られた人々の数・・・132万4,969人
  • 水と衛生キットの配布および衛生教育を受けた人々の数・・・89万589人
  • 緊急、かつ長期的に衛生設備の支援を受けた人々の数・・・42万5,649人


保健
  • 大規模予防接種キャンペーンで麻疹のその他の予防接種を受けた生後6ヶ月以上5歳以下の子どもの数・・・53万7,081人
  • 下痢症の治療を受けた5歳以下の子どもの数・・・40万6,181人
  • 最も被害を受けた11郡のユニセフが支援する22箇所の仮設避難所で基本的な保健サービスの支援を受けた妊婦の数・・・1万1,333人
  • 最も被害を受けた11郡で活動する社会福祉士330人によって保健、栄養、水と衛生に関するカウンセリングを受けた人・・・79万2,000人
  • 支援地域の女性と子どもを対象に提供された殺虫剤処理を施した蚊帳の数・・・10万5,000帳
  • 医療用テント326帳、緊急保健キット321セット、手術設備400セット助産キット1,080セット、赤ちゃんの肌着5万3,000枚を提供


栄養
  • 治療した生後6ヶ月以上5歳以下の重度の栄養不良の子どもの数・・・1,347人
  • 微量栄養素パウダー(15種のビタミン・ミネラルなどの必須微量栄養素が入ったふりかけのようなもの)を配布された生後6ヶ月以上5歳以下の子どもの数・・・32万6091人
  • 上腕周囲計によって検査を受けた生後6ヶ月以上5歳以下の子どもの数・・・37万3,546人
  • 急性栄養不良と診断されて、治療を受けた子どもの数・・・825人
  • 母乳育児や人工栄養の危険についてカウンセリングを受けた妊婦、および授乳中の女性の数・・・14万2,7131人
  • ビタミンAを受け取った子どもの数・・・35万4,562人
  • 鉄分と葉酸を2ヶ月分受け取った女性の数・・・24,902人


子どもの
保護
  • 地震後の心のケアを受けた子どもの数・・・18万570人
  • 人身売買その他のリスクから救われた子どもの数・・・1,472人
  • 子どもが友達と安全に遊び、心理的ケアを行えるために設置された子どもにやさしい空間・・・224箇所
  • 親や保護者が同伴していない、脆弱な立場に立たされていると報告された子どもの数・・・3万9,337人
  • 緊急支援を受けた親や保護者が同伴していない子どもの数・・・1万3,317人
  • 人身売買や子どもの保護に関する危険から守るために設置された警察の検問所の数・・・86箇所
  • 警察の介入によって保護された人身売買の危険があった人の数・・・1,851人(女の子437人、女性825人、男の子413人、男性176人)
  • 暴力、虐待、搾取やジェンダーにもとづく暴力に対応するために組織された女性グループの数・・・3,445グループ
  • 配布された子ども服の数・・・74,970枚
  • 脆弱な子ども、妊婦、授乳中の女性に配布されたブランケットの数・・・7,720枚


教育
  • 1,793校の仮設教室で学ぶ子どもの数・・・17万9,300人
  • 学校教材・保育教材を受け取った子どもの数・・・88万1,100人
  • 社会心理ケア、救命メッセージに関する研修を受けた教師の数・・・8,125人
  • 学校に戻ることが子どもが日常生活を取り戻し、安全でいるためのメッセージを受け取れる、という趣旨の新聞、ラジオテレビ番組などでメッセージを受け取った子ども、教師や家族の数・・・100万人以上
  • 教育の支援を受けた障がいのある子どもの数・・・1,098人(男の子572人、女の子526人)


その他
  • 緊急現金給付支援を受けた特に脆弱な人々(いわゆる不可触賎民の子ども、身体障害者、寡婦、少数民族など)の数・・・43万4,000人
  • 救命に関する重要な情報やメッセージを受け取った人の数・・・100万人以上
  • ラジオ放送によって重要なメッセージを流した回数・・・191回、10万分以上
  • ラジオ番組'Bhandai Sundai'('Talking-Listening')の中で行われた心理社会カウンセリングの回数・・・1万3,300分以上
  • ラジオ番組中に寄せられた相談の電話の数・・・1,200件
  • 19種類の広報資料を180万人以上に提供

 

【10/28(土)第13回地球まつり開催~世界の文化が函館に集結~】

函館を拠点として、国際交流・国際協力活動をしている

NGO/NPOが一斉に集まる「地球まつり」

北海道ユニセフ協会道南支部もコーナーを設けます。

 

地球まつり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■日時:2017年10月28日(土) 10:00~15:00
■場所:函館市青年センター(市電千代台電停近く) 

■入場:無料 

ブータンスタディツアーの様子をお知らせしたり、

使用済み切手や書き損じはがきの回収も行います。

どうぞお越しください。

 

11月4日(土)13:00

中標津総合文化会館しるべっとホール

2017ユニフェス MUSIC FESTIVAL が

北海道ユニセフ協会道東支部中標津友の会主催

(有)PL企画・中標津高校・中標津町文化スポーツ振興財団の

後援で開催されます。

13:00からは

コミュニティホールで、ユニセフ基調講演

14:00からは、

ミュージックフェスティバルを予定しています。

ご出演される皆さんは、中標津高等学校軽音部・キキミミ・遠藤兄弟・OKAPY BANDとなっています。

前売券は1000円、売り上げの一部はユニセフ募金となります。

お問い合わせは、

中標津町総合文化会館(0153)73-1131まで

10月19日(木)

札幌市中央区の大通り公園そばにある、

大通り「ビッセ」付近で

募金活動を行います。

今年のテーマは「子どもたちに生きるチャンスを」

時間は11:30~13:30となります。

hanndo.jpg

お近くにお越しのさいは、是非お立ち寄りください。

皆さまのご支援をお待ちしております。

 

《食べるたいせつフェスティバル2017》
10月8日(日)10:00~15:00

コープさっぽろが主催する食のイベントに

ユニセフコーナーがお目見えします。

8月の札幌から始まり、

最終の会場はおいしいものいっぱいの十勝です!

①帯広会場

十勝農協連家畜共進会場アグリアリーナ

(音更町字音更西2線9番1号)

コープが取り組んでいるブータン指定募金の視察報告ポスターの掲示や、缶バッチ募金を行う予定です。

また、手洗いダンスを踊っちゃいます!

札幌ダンス.jpg

週末は、是非会場にお越しください。