【緊急募金のお知らせ】

5月11日(月)~13日(水)

11時~14時まで

札幌市北4条西5丁目にある

アスティ4.5 地下1階で

ネパール大地震復旧支援のための募金活動を行います。

多くの皆さまのご支援をよろしくお願い致します。

 

【2015年4月26日 カトマンズ(ネパール)/ニューヨーク発】

ユニセフ(国連児童基金)は、ネパールでの地震によって深刻な被害を受けた地域に暮らす94万人の子どもが、緊急の人道支援を必要としていると発表しました。4月25日に起きたマグニチュード7.9の地震とその後も続く余震は、2,000人以上の死者を出し、広範囲にわたる建物倒壊など、ネパールに多大な被害をもたらしました。

main_visual[1].jpg

被災地域では、既に水や食糧の不足、停電、通信網の遮断などが起きています。何十万人もの人々が、余震を恐れ屋外で夜を明かしました。さらに状況を悪化させる激しい降雨も報告されています。こうした危機において、子どもたちは特に厳しい状況に置かれます。安全な水やトイレが使えないことで、汚水に起因する病気のリスクが高まり、また家族と離れ離れになった子どももいると考えられています。

ユニセフは、被災した子どもたちに緊急人道支援を行うための人員と物資をネパールに送り、特に水と衛生、栄養、教育、保護の分野で支援活動を開始しました。まずネパール国内に備蓄している物資を使い、仮設避難所に集まっている人々のための水と給水タンク、経口補水塩、亜鉛の錠剤、救護施設用のテントなどを提供しています。

また、医薬品や医療備品、テント、毛布など合計120トンのユニセフの救援物資をカトマンズへ空輸するため、2機の貨物輸送機が離陸の準備を進めています。

日本ユニセフ協会では、ネパールでの地震被害に対応するユニセフの活動を支える緊急募金の受け付けを開始しています。

皆さまのご支援をよろしくお願い致します。

郵便局(ゆうちょ銀行)募金口座への振り込み

  振替口座:00190-5-31000

  口座名義:公益財団法人日本ユニセフ協会

  募金機関:2015年4月27日~2015年10月26日

  ・送金手数料免除申請中

 *通信欄に「ネパール大地震 K1-010」とご記入ください

 

ネパール大地震緊急募金
クレジットカードで募金
コンビニエンスストアから募金する
*公益財団法人 日本ユニセフ協会への寄付金には、特定公益増進法人への寄付として、所得税、相続税、法人税の税制上の優遇措置があります。また一部の自治体では、個人住民税の寄付金控除の対象となります。
************
*三井住友銀行:専用口座を開設しています。
(手数料減免:詳しくはこちら

サイクロン・パムの直撃を受けた太平洋諸島のバヌアツで、多くの子どもたちが緊急の支援を必要としています。

バヌアツのいたるところで、安全な飲み水やトイレなどが使えなくなっています。避難所となっている場所でも同様の状況であるため、汚れた水に起因する病気や、生き物が媒介する病気の発生リスクが非常に高くなっています。ユニセフは、パートナー団体と共にバヌアツ政府を支援し、水を運ぶ容器、浄水剤、石けん、仮設トイレなどの支援物資を提供しています。

ユニセフは、また、主要な社会サービスへの影響についても、調査を開始しました。幼稚園、小学校、中学校などの施設は、被害を受けているか避難所として使用されているため、少なくとも7万人の子どもたちが教育を受けられない事態に陥っています。

ユニセフは、子どもたちとその家族を支援するため、避難所で、子どもの保護、教育、保健サービスの支援活動を展開しています。 150317_01[1]top_photo.jpg

               

********************************

日本ユニセフ協会は、バヌアツのサイクロン被害を含め、自然災害で被災した子どもたちや家族に対するユニセフの緊急・復興支援を支える『ユニセフ自然災害緊急募金』を受け付けています。みなさまのあたたかいご協力をお願い申し上げます。

自然災害緊急募金

郵便局(ゆうちょ銀行)
振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会
*通信欄に「自然災害 k1ー010」と明記願います。
*窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除されます。

 

ebora.jpg

2014年3月、ギニアでの発症を発端に西アフリカで感染拡大を続けるエボラ出血熱。

2014年8月には、WHO(世界保健機関)が非常事態を宣言し、各国も続いて非常事態宣言を出しました。

ユニセフは、各国政府やNGO他の国連機関との協力のもと、これ以上の感染拡大を防ぐため、ギニア・シェラレオネ・リベリアの3カ国と周辺国で支援活動を行っています。

info[1].jpg

 

エボラ出血熱緊急募金
郵便局(ゆうちょ銀行)
振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会
*通信欄に「エボラ K1-010」と明記願います。
*窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除されます。
クレジットカードで募金
インターネットバンキングで
コンビニエンスストアから募金する
*公益財団法人 日本ユニセフ協会への寄付金には、特定公益増進法人への寄付として、所得税、相続税、法人税の税制上の優遇措置があります。また一部の自治体では、個人住民税の寄付金控除の対象となります

多くの皆さまのご支援をよろしくお願いいたします。

main_visual[1].jpg

長年フィリピンで支援活動を続けているユニセフは、災害発生直後から緊急支援活動を開始しました。備蓄していた水と衛生キット、医薬品、栄養補助食などの支援物資を現地に届け、給水施設や衛生設備の復旧に取り組むなど、保健、栄養、水と衛生、教育、子どもの保護の分野で懸命な活動を続けています。

■ ユニセフの主な緊急支援活動

  • ユニセフは、災害直後から水道設備の復旧、浄水剤や貯水容器の配布、トイレの設置にあたっています。
  • 感染症を予防するため、避難所で子どもたちにはしかとポリオの予防接種を、また免疫力を高めるビタミンA補給を行っています。ワクチンを低温に保ち保管するための"コールドチェーン"の再建も進められています。
  • 栄養不良の治療のための物資の調達を実施し、巡回チームが栄養不良児の発見、重度の急性栄養不良の子どもの治療にあたっています。また、妊産婦や授乳中の母親にサポートとカウンセリングを行いました。
  • 被災地では90%の校舎(3,232校)が被害を受けたため、仮設の学習スペース設置や子どもと教員の心理社会ケアの提供を行っています。また教育省と共に「バック・トゥ・スクール(学校に戻ろう)キャンペーン」の計画づくりを進めています。
  • 家族や保護者とはぐれてしまった子どもたちを発見・保護し、家族との再会などの支援につなげるため、携帯電話を使った「Rapid FTR(家族追跡・再会システム)」の運用を開始。加えて、女性と子どもの保護にあたる関係者(警察官、自治体の社会福祉担当者)に研修を実施しています。

 

フィリピン台風緊急募金

郵便局(ゆうちょ銀行)募金口座
振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会
*通信欄に「フィリピン台風」と明記願います。 *窓口での振り込みの場合は、送金手数料が免除されます。

三井住友銀行:緊急募金受付口座を開設しています。
(手数料減免。詳しくはこちらから)

カテゴリ一覧

バックナンバー

【2017年】
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】
【2006年】