【緊急募金のお知らせ】

シリア緊急募金

シリア危機の勃発から2年。暴力の連鎖と大規模な人口の移動、インフラの損壊、必要不可欠な社会サービスの欠如が、全ての年齢層の子どもの生活を脅かし続けていいます。
シリア国内の紛争地域の多くの子どもたちが、過去も将来の見通しも見失うような体験をし、『ロスト・ジェネレーション(失われた世代)』となってしまう危険が高まっています。

130501_01[1].jpg

ユニセフの支援活動(2013年4月18日付けシリア危機報告書より)

    <保健と栄養>

◆ シリア国内

  • 紛争の影響を受けたコミュニティの子どもと母親のための適切な研修と物資の配布、基礎保健ケアへのアクセスの改善
  • はしかとポリオの予防接種と定期予防接種普及率向上のための支援
  • 特に子どもと母親のための保健センターのサービスの再開支援

    (15.88万米ドル要請 86%不足)

◆ シリア国外

  • 子どもたちのために、基礎レベルを含む質の高い保健サービスの確保
  • 子どもと女性の栄養状況を改善させ、栄養不良の予防と治療を実施するため、総合的な栄養支援をプライマリ・ヘルスケア(地域の診療所等)へ導入

    (6.29万米ドル要請:43%不足)

  • <教育>

◆ シリア国内

  • 初等・中等教育の再開と教員研修の支援
  • 特に紛争の影響を受けた国内避難民の子どもと若者を最優先に、全ての子どもたちが教育を受けられるよう支援

    (20.05万米ドル要請:76%不足)

◆ シリア国外

  • 難民の子どもたちのために、質の高い保護された環境が整備された教育へのアクセスの確保
  • 就学前児童、障がいのある子どもに合わせた教育の提供
  • 個々のニーズに対応し、効果的な照会メカニズムの整備

    (40.85万米ドル要請:67%不足)

  • <水と衛生>

  • ◆ シリア国内
  • 清潔な飲料水、支援物資、衛生キット、トイレへのアクセスの確保
  • コミュニティの水システムの修繕

    (22.5万米ドル要請:65%不足)

  • ◆ シリア国外
  • シリア難民のために、十分な飲料水の確保。安全で清潔な衛生設備の設置
  • 受け入れているコミュニティのために、水と衛生サービスの拡大とアクセスの改善
  • 学校での水と衛生設備の修繕。男女別のトイレの設置。難民キャンプに子どもに優しい空間と公共の場を設置
  • 水と衛生キャンペーンを実施し、水と衛生に関連する死亡と病気の割合を削減

    (44.46万米ドル要請:59%不足)

  • <子どもの保護>

◆ シリア国内

  • 子どもに優しい空間の設置
  • 心理社会的な支援の提供
  • レクリエーション活動、スポーツ、文化的な活動、ライフスキルの提供
  • 地雷教育の実施

    (8.82万米ドル要請:33%不足)

◆ シリア国外

  • 安全で子どもに優しい勉強空間の提供。文化的かつ心理社会的な活動の実施
  • レクリエーション用の遊具の提供
  • 特別なニーズのある子どもを含む、カリキュラム外のスポーツやレクリエーション活動を若者に運営させるべく、シリアの若者を対象にした研修を実施
  • 地雷教育の実施
  • モニタリングと評価

    (26.67万米ドル要請:56%不足)

  • シリア緊急募金

  • 郵便局(ゆうちょ銀行)募金口座
    振替口座:00190-5-31000
    口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会

    *通信欄に「シリア」と明記願います。
    *送金手数料は免除されます。

  • 当協会への募金は寄付金控除の対象となります。

ユニセフは、紛争や自然災害など複雑な問題を抱える世界45ヵ国および地域で命の危機に直面する子どもたちを救う人道支援活動を行うため、今年必要な資金として約14億米ドルの支援を国際社会に要請しました。この要請に基づく資金は、あらたな紛争や災害がもたらす影響を最小限に食い止めるための準備や強靭な社会を築いていくためにも活用されます。

130125_02[1].jpg

「まだ2013年の最初の月だというのに、シリア国内の数百万人の子どもたちや近隣国への避難民の過酷な状況が既に明らかになっています。マリや中央アフリカ共和国でも紛争が悪化しており、子どもや女性の脅威となっています」ユニセフの緊急支援オペレーション部のテッド・チャイバン部長は、こう述べています。「緊急的な事態が発生した場合、子どもたちは特に脆弱な存在となってしまいます。健康状態が悪かったり、安全面で問題がある状況におかれた子どもたちも多く、病気に罹ったり、暴力、搾取、ネグレクトに直面するリスクが高まるのです」(チャイバン部長)

130125_03[1].jpg

2012年の1月から10月までの間に、ユニセフは、これらの国や地域で、以下に例示するような成果を挙げてきました。今回の支援要請は、これらの成果をさらに進展させます。

・保健: 3,830万人の子どもたちへの予防接種の実施

・水と衛生: 1,240万人の人々に対する飲み水、料理、入浴に安全な水の提供

・教育: 300万人の子どもたちに対する改善された教育環境の提供

・子どもの保護: 240万人の子どもたちに対する子どもの保護の実行

・栄養: 200万人の子どもたちを深刻な急性栄養不良と診断

・HIV /エイズ: 100万人の人々に対するテスト、カウンセリング、診療紹介サービスの提供

130125_04[1].jpg

「みなさまのご支援は、子どもたちとその未来に対する確かな投資です。ユニセフは、恒常的な資金不足の問題に直面している喫緊の課題や、支援の必要性が最も大きい課題に対応するために、特定の支援対象・目的・国などに紐付けされていない資金を必要としています。また、そうした形でご提供いただいた資金は、複雑な状況に対する革新的な解決法を用いることにも使われ、同時に複数の国々に影響するような大規模な緊急事態における早期の復興を可能とするのです」と、チャイバン部長は語りました。

公益財団法人 日本ユニセフ協会では、ユニセフの緊急援助を支援する『シリア緊急募金』の受付を行っています。皆様のご協力をよろしくお願い致します

 

◇ 募金のお願い ◇

シリア緊急募金

郵便局(ゆうちょ銀行)

   振替口座:00190-5-31000

             口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会

       *通信欄に「シリア」と明記願います。

   *送金手数料は免除されます

 

クレジットカードで募金

インターネットバンキングで

コンビニエンスストアから募金する

*当協会への募金は寄付金控除の対象となります。

なお、当緊急・復興支援に必要な資金を上回るご協力をいただいた場合、現在行われている他の緊急復興支援に活用させていただくことがありますので、ご了承願います。

詳細につきましては 公益財団法人 日本ユニセフ協会ホームページをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

9月28日(金)東日本大震災への累計募金金額は

230万8737円(送料手数料込)です。

9月では2万1858円です。

DSC04533.jpg

みなさまのあたたかい気持ちが一日でも早い復興につながり、そして子どもたちに笑顔があふれますように☆ 

                  ******

今後も引き続き、募金額をホームページで皆様にお知らせします。

アフリカ干ばつ緊急募金 第73報
チャド:緊急かつ長期的視野に立った支援

【2012年6月4日 チャド発】

© UNICEF video
チャド西部カネム地域のノコウ病院に入院している生後8ヵ月のエレタちゃんの体重はわずか2.6キロ。雨不足は、サヘル地域一帯に及ぶ。チャドは、母乳育児を実践する割合が世界で最も低い国のひとつ。

「上の子どもたちは、生まれて8ヵ月後には歩くことができましたが、エレタは違うんです」 エレタちゃんの母親のザイナボウ・ママタヤさんは、こう話しました。チャド西部カネム地域のノコウ病院に入院している生後8ヵ月のエレタちゃんの体重は、2.6キロしかありません(注:日本では、7~10kg程度)。

カネムは、アフリカのサヘル地帯を襲う食糧危機と栄養危機に苦しめられている地域のひとつです。雨不足と農作物の不作の影響で、チャドの人々の間に広まる深刻な栄養不良は、今年初めから、更に深刻化し続けています。

こうした状況に苦しめられているのは、エレタちゃんだけではありません。何千人もの子どもたちがエレタちゃんと同じような状況に置かれているのです。ユニセフは、(このままの状況が続けば)今年、チャドだけで、12万7,000人の子どもたちが重度の急性栄養不良に陥るものと見込んでいます。このため、ユニセフは、この地域の病院や保健センターへの支援を拡大。栄養不良の子どもたちのために治療用の支援物資を提供しています。

病院に入院してから2週間。エレタちゃんは回復に向かっていました。体重も500グラム増加。「今は、エレタにミルクを与えると、普通に飲んでくれます。体重も増えましたし、回復していることがよく分かります。もうかつての(深刻な)状況は脱しました」(ママタヤさん)

子どもたちを守る母乳育児

© UNICEF video
チャドの母親たちに母乳育児の恩恵について説明する地域の保健推進員。

ユニセフは、栄養不良の根本原因に対処するため、予防策の普及にも力を注いでいます。「チャドの人々は、(普段から)バランスの良い食事を取っていません。主に食べているのはシリアル(穀類)です。(多くの)お母さん方は、完全母乳育児という発想はないと思います・・・」ユニセフ・チャド事務所のロジャー・ドディノウ栄養担当官はこう話します。

チャドは、母乳育児が実践される割合が世界で最も低い国の一つで、その割合は100人中わずか3人。一方、5歳未満の子どもの死亡数のおよそ13パーセントは、母乳育児の実践で予防することができるとされています。また、チャドの多くの子どもたちが、下痢性疾患や他の病気を引き起こす原因にもなり得る不衛生な水を利用せざるを得ない状況に置かれています。

「出産直後、生まれた子どもには、(母乳ではなく)水や、少量のキビ(雑穀)を煮込み、油を足した白湯を与え始めました」「これが祖母から続く伝統的な方法でしたから。本当に、理由なんて分かりません」ママタヤさんは、こう語ります。

健やかな成長のために

ユニセフは、パートナー団体の国際NGOと密接に協力して、各地の農村で、母乳育児の普及のため、その恩恵について村人たちが話し合える場づくりの支援もしています。村人自身が進行役を務めるこうした集会では、母乳育児を実践している母親たちが、自らの経験を、他の女性たちに伝えています。

「(確立された)理論があるならば、それは、実践されなければなりません」 この村の中で行われている様々な保健分野の活動をまとめているアチャタ・マハット・セレーさんはこう話します。

「村人が持つ信念や伝統的な慣習を変えるには、時間がかかります。そうした問題を解決するためには、村人の生活を改善させるための計画に基づいた活動が必要です。そうした活動の第一段階は、村人自身が必要な技術を向上させられるようにすること。そして、村人が、自らの食生活(食事内容)を改善できるよう、社会的な体制を整えることが求められます」(ディノウ栄養担当官)

チャドをはじめとするサヘル地域を襲っている栄養不良危機には、いくつかの根本原因があります。また、子どもたちの間に広がる栄養不良を削減する方法も数多くあります。現在、食糧危機に直面している中で、目の前の子どもたちの命を救うことが最優先事項であることは言うまでもありません。しかし、社会開発を視野に入れた長期的戦略も不可欠です。そうした戦略が、これから先、長期にわたって、子どもたちの命を守り続けられる環境をつくることに繋がるのです。

**************

◇ 募金のお願い ◇

 公益財団法人 日本ユニセフ協会では、ソマリアとその周辺国を含む「アフリカの角」地域と、アフリカ中・西部に位置するサヘル地域の子どもに対してユニセフが行う緊急援助を支援する『アフリカ干ばつ緊急募金』の受付を行っています。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。


アフリカ干ばつ緊急募金
郵便局(ゆうちょ銀行)
振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会
*通信欄に「アフリカ干ばつ」と明記願います。
*送金手数料は免除されます。
クレジットカードで募金
インターネットバンキング
コンビニエンスストアから募金する
*当協会への募金は寄付金控除の対象となります。

なお、当緊急・復興支援に必要な資金を上回るご協力をいただいた場合、現在行われている他の緊急・復興支援に活用させていただくことがありますので、ご了承願います。

アフリカ干ばつ緊急募金 第56報
ユニセフ本部と世界36カ国・地域のユニセフ協会(国内委員会)
3日(本日)、世界規模のキャンペーンをスタート

【2012年4月3日 ニューヨーク発】

© UNICEF Chad/2012/Tidey
深刻な栄養不良の子どもを膝に抱える女性(チャドで撮影)。ユニセフは、100万人を越えるサヘル地域で栄養不良の危機に瀕している子ども達の支援を急いでいる

 

アフリカ・サヘル地帯で食糧不足が深刻化する中、重度の栄養不良で命の危機に瀕する100万人以上の子どもたちを救うために、ユニセフは、世界規模の緊急募金キャンペーンを始めました。

このキャンペーンのキックオフにあたり、ユニセフのアンソニー・レーク事務局長は、現地時間3日より、干ばつ被害、食糧価格の高騰、内政不安といった三重苦にあえぐ8つのサヘル地帯の国のひとつであるチャドを訪問する予定です。

「私たちは、サヘル地帯の子どもたちの苦境に対する世界の注意を喚起したいと思っています。今、サヘル地帯で起こっていることを、世界中の人々に、時機を逸することなく知っていただきたいと考えています。」と、ユニセフ緊急支援本部のルイ・ジョージ・アーセノウ局長は語っています。

被害は数百万人にも

ブルキナファソ、カメルーン、チャド、マリ、モーリタニア、ニジェール、ナイジェリア、セネガルに広がるサヘル地帯では、1500万を超える人々が、干ばつの危機に直接晒されています。この地域に住む人々は、もともと様々な困難に耐えてきた人々です。しかし、度重なる緊急事態に、その抵抗力も弱まりつつあります。サヘル一帯は、2005年から2010年にかけて干ばつに見舞われ、多くの家庭が、主な収入源であった家畜を売り、現金収入を得る仕事をさせるために子どもを学校から連れ戻し、さらに借金を抱えながら、わずかな食べものだけで日々を過ごしています。

アフリカ干ばつ緊急募金サヘルからの第3報(ナレーションなし)

ユニセフは、重度の栄養不良で救命措置を必要としている100万人の5歳未満の子どもたちに治療を目的とした給食を与えるためには、約1億2千万ドルの資金が必要としています。しかしながら、これまでに確保できた資金は、その32%に過ぎません。

アーセノウ局長はこう続けます。「われわれの対応が遅くなり、多くの命が失われてしまう前に、そうした対応を強化するだけの資金の確保をしなければなりません。サヘルの危機が、もっと広く世界に認識されて欲しいと願っています。」

ユニセフは、過去7ヶ月間にわたり、サヘル地帯で拡大しようとしている莫大な支援ニーズに応えるため、食糧や栄養補助食品などの支援物資を調達。支援拠点に輸送し、また追加の支援要員を確保してきました。これらの膨大な作業は、サヘル8カ国の政府や、他の国連機関、NGOなどと協力して進められています。

「もし、われわれが適切な対応をできなければ、重度の栄養不良の子どもたちの数は約140万人にも達すると予想されます。私たちは、尋常で無い数の子どもの命の問題に直面しているのです。」(アーセノウ局長)。

子どものニーズに一刻も早く応えるために

これらの危機に重なるのは、マリで急速に拡大している治安の悪化です。マリでは、反政府組織が20万人以上の人々を強制的に国外退去させています。ユニセフは、こうした祖国を追われた人々のニーズに対応するためにも活動しています。

ユニセフはこうした緊急事態に対応する一方で、サヘル地帯の子どもたちの長期的な抵抗力を強化していくための準備にも取り組んでいます。

「われわれが訴えているのは、子どもたちの間に広がる重度の栄養不良問題だけでなく、その解決のためには、より包括的なアプローチを必要とする危機の問題です。安全な水、適切な衛生環境、そして予防接種を提供できなければ、この危機を克服するために必要十分な効果をあげることは難しいでしょう。」(アーセノウ局長)。

**************

◇ 募金のお願い ◇

 公益財団法人 日本ユニセフ協会では、ソマリアとその周辺国を含む「アフリカの角」地域と、アフリカ中・西部に位置するサヘル地域の子どもに対してユニセフが行う緊急援助を支援する『アフリカ干ばつ緊急募金』の受付を行っています。皆様のご協力をよろしくお願いいたします。


アフリカ干ばつ緊急募金
郵便局(ゆうちょ銀行)
振替口座:00190-5-31000
口座名義:公益財団法人 日本ユニセフ協会
*通信欄に「アフリカ干ばつ」と明記願います。
*送金手数料は免除されます。
クレジットカードで募金
インターネットバンキング
コンビニエンスストアから募金する
*当協会への募金は寄付金控除の対象となります。

なお、当緊急・復興支援に必要な資金を上回るご協力をいただいた場合、現在行われている他の緊急・復興支援に活用させていただくことがありますので、ご了承願います。

カテゴリ一覧

バックナンバー

【2017年】
【2016年】
【2015年】
【2014年】
【2013年】
【2012年】
【2011年】
【2010年】
【2009年】
【2008年】
【2007年】
【2006年】